IT資産管理ソフトULMS & 指紋認証USBメモリ

サイトマップ JapaneseEnglishEnglish
オリエントコンピュータ
HOME 製品情報 コピーサービス 会社情報 サポート お問い合せ ショッピング 商品カタログ
デュプリケーターとは
データ消去サービス
PRODUCTS




資料請求・お見積もりカタログダウンロード

 セキュリティUSBメモリーフィンガーセブンSフィンガーエイトFC などと組み合わせ、IT資産管理、ログ管理をはじめ、ファイルの暗号化、リモート操作等、USBメモリーを含めた今までに無い新しいセキュリティシステムを構築することができます。
ULMS PremiumのIT資産管理セキュリティ

ULMS PremiumのIT資産管理セキュリティ

すべての構成要素において、セキュリティを考え、門前のセキュリティ(ウイルス対策ソフト)以外の、内部セキュリティから外部アクセス、データの暗号化や不要データの完全消去に至るまでのセキュリティを一連のシステムで対応いたします。さらにデータ監視機能を高度化したライブモニタやセキュリティアラートといったリアルタイム監視機能も充実しています。

一般的なIT資産管理セキュリティソフト

一般的なIT資産管理セキュリティソフト

IT資産管理をベースに、ネットワーク内のデータや運用をサポートする機能を付加しています。その為、上位のデータセキュリティは、外部のウイルス対策ソフトにとどまり、データそのもののセキュリティ対策機能はありません。また、データ監視にともなうライブモニタやセキュリティアラートは一部のオプション対応ソフトを除き対応していません。


パソコンデータを統合管理
USBメモリのログ管理から、IT資産管理、
ネットワーク内ファイル管理まで
目的に応じて4つのグレードをご用意いたしております。

「IT資産管理、USB/PCセキュリティ管理システム ULMS Premium」
IT資産管理をはじめ、ネットワークパソコンの動きを常時監視し、許可されていない行動があった場合に警告を発信するアラート機能やファイル管理、データ暗号化など、トータルに社内ネットーワークパソコンを管理とファイルのセキュリティ対策ができます。

「IT資産管理、USB/PCセキュリティ管理システム ULMS Gold」
ULMS Premiumからリアルタイム監視のできるPCモニタリング機能を省いた、実用機能重視でランニングコストを抑えたバージョンです。

「USB/PCセキュリティ管理システム ULMS Silver」
生体指紋認証USBメモリのログに加えパソコンのログ、ファイル管理をおこないます。データセキュリティ対策の暗号化やデータ完全消去機能も標準搭載しています。

「USBセキュリティ管理システム ULMS Basic」
生体指紋認証USBメモリのログをパソコンで一元管理できます。メモリ自体を紛失、盗難にあってもログは残り、リモートでデータへのアクセスロックを実行することもできます。

カタログはコチラから

ULMS カタログ ULMS Premium ULMS Basic ULMS Gold ULMS Silver

医療機関向けカタログもございます。
医療機関向け ULMS Premium  医療機関向け ULMS Basic
医療機関向け ULMS Gold  医療機関向け ULMS Silver

「ULMS」シリーズのUSBメモリ

ULMSシリーズではセキュリティUSBメモリーの操作ログの記録管理や、USBメモリー利用者の登録管理、ワンタイムパスワードの発行、ファイル暗号化・IT資産管理(Gold以上)・PCログ管理(Silver以上)などがおこなえます。
これによってセキュリティUSBメモリーだけでなく、接続されるPCについても セキュリティ強化を図ることができます。
 
各ユーザーごとの自動暗号化フォルダ作成機能(Basicはのぞく)
PCを複数のユーザーで使用する場合に、各ユーザーごとに専用自動暗号化フォルダを設定することができます。
暗号化ファイルをユーザーごとに区分けしやすくなり、管理しやすくなります。
 
PC退出時のスクリーンロック機能
管理者がファイルを作成中に席を離れる時の覗き見防止機能として、スクリーンロック機能が使用できます。
さらに、PC起動時ウインドウズログイン後のロック(ドングル機能)も使用可能です。
 
 
 

強固なPC認証システム

セキュリティUSB メモリーでPC起動後のユーザーログインを制御することができます。 (ドングル機能)また、ちょっとした休憩などで席を空けるときには、スクリーンロック機能を利用することで、未認証の状態にする こともできます。
 
スクリーンロック機能

USBログ・PCログ管理(BasicはUSBログのみ)

USBメモリーの利用ログは、オンラインでリアルタイムの送信、または外部やオフラインで収集したログを後から管理データベースへのアップロードも可能です。
いつ誰がどのPCでUSBメモリーを利用したかが、遠く離れた本部などから確認が可能です。
また、PCの暗号化ログなどPC自身のログ管理も可能です。
(※PCログ管理はオプションです。)

USBメモリー利用場所のIP・Wi-Fiから、大まかな位置情報の確認

(注意)GPSではないため、あくまでも参考程度とお考えください。
日本国内ではIPアドレスを東京で登録し、大阪で利用ということが多く、社内LANでIP情報のみ取得可能の場合、精度はあまり高くないですが、社外でWi-Fiを利用のPCの場合は精度が増加します。
 

ファイル暗号化機能と自動暗号化フォルダの設定

ULMSシリーズには、ファイルの安全性を高めるためのAES256暗号化ファイル作成機能を備えています。 PC内にある重要ファイルを誰からも見られないように暗号化しファイルの機密を守ります。 また自動暗号化フォルダを設定してPC内に配置することもできますので、暗号化の際には面倒な操作を行わずとも、 ドラッグアンドドロップだけで、たった1秒でAES256の暗号化ファイルの作成が行えます。復号化も1秒で可能です。

自動消去フォルダの設定機能

PC、USBメモリ内(BasicはUSBメモリ内のみ)に自動消去フォルダの配置が可能です。 指定した期日・時刻が来ると中のファイルを完全消去します。 重要なファイルに取り扱いに期限を設けたいとき、USBメモリの盗難・紛失対策などにも指定したファイルを自動で完全消去しますので安全です。
 

リモートロック

指紋認証USBメモリの盗難紛失時には、「ULMS」管理サイトから、リモートでその特定のUSBメモリをロックできます。
USBメモリのロックは「ULMS」管理者がリモートで解除可能。
もちろんID/PW入力の所定回数以上の間違いは、USBソフトウェア側でもロックされます。
 

メール添付ファイル誤送信対策機能

(Basicはオプション)
個人のマイナンバーなどの重要ファイルをメール添付ファイルとして送信する際の、誤送信対策が可能です。 万一、メールが誤送信されたとしても、ファイルには暗号化がされており、ファイルの中身を知られることがありません。 マルチプライベート機能で重要ファイルの安全を守ります。
 

ご購入について

・下記よりお問い合わせいただきますよう、お願いいたします。

お問い合わせはこちら>>

アクロバットリーダーのダウンロード
コピーサービス