ファイルデータ保護システム「セキュリティフォルダ7」

サイトマップ JapaneseEnglishEnglish
オリエントコンピュータ
HOME 製品情報 コピーサービス 会社情報 サポート お問い合せ ショッピング 商品カタログ
デュプリケーターとは
データ消去サービス
PRODUCTS

セキュリティフォルダ7
カタログはこちら
パソコンがランサムウエアに感染しても”セキュリティフォルダ”内のファイルについては、感染しません。
ランサムウエアに感染すると多くの場合、ランサムウエアの拡張子がついたファイル名になり、開こうとするとアラートが出て開くことができませんが、『セキュリティフォルダ』内のファイルは、全てオリエントコンピュータの暗号化ファイル拡張子.pdexのままで感染しません。
注)『セキュリティフォルダ』内の.pdexファイルはブロックされますが、一般の暗号化ファイルは、通常ファイル同様感染しますのでご注意ください。

”Wannacry”だけじゃない!ランサムウエア防御  ランサムウエア動画

『セキュリティフォルダ』内にデータ保存すると、ファイルは自動的に暗号化されます。しかも、都度復号化のめんどうな作業をすることなく、ダブルクリックでファイルを開くことができ、閉じれば再び暗号化保存されます。『セキュリティフォルダ』内で暗号化されたデータは、移動しても暗号化されたままですので、情報漏洩の心配がありません。また、専用のディプリクター(復号化ソフト)を使えば、他のパソコンでも復号化して使用することができます。
 
 
パソコンがランサムウエアに感染してしまった場合、感染していない『セキュリティフォルダ』内のファイルを外部に救出する必要があります。単純に『セキュリティフォルダ』を外部デバイスに移動するだけで救出できる場合もありますが、感染したパソコンに接続することで、外部デバイス自体が感染する恐れがあります。 オリエントコンピュータでは、感染したパソコンのOSを起動することなく『レスキューUSB』から起動し、『セキュリティフォルダ』のみを救出することができます。
『セキュリティフォルダ』が『レスキューUSB』に入りきれない大容量の場合は、外付けハードディスクなどの外部デバイスへの救出ができます。
 
『セキュリティフォルダ7』には『セキュリティフォルダ』のほか、ファイル/フォルダ単位でデータを復旧不可能な状態に完全消去できる 『Black Hole X』機能も内蔵し情報漏洩にも備えます。
 
オリエントコンピュータでは、クラウドバックアップサービスもおこなっています。定期的に『セキュリティフォルダ』のデータをインターネット経由でバックアップすることができます。データを安全に守るため、あわせてご利用ください。

対応OS : Windows 7、Windows 8、Windows 10(32/64bit)

(注意)本製品は、アンチウイルスソフトの代替えとなるものではありません。
必ずアンチウイルスソフトと併用利用願います。
※推奨アンチウイルスソフト:トレンドマイクロ社 ウイルスバスター
(オリエントコンピュータは、トレンドマイクロ社とビジネスパートナ提携をしています。)
トレンドマイクロダイレクトストア
 

アクロバットリーダーのダウンロード
コピーサービス