HDD/SSDデータ消去ソフト「ePEE7」

サイトマップ JapaneseEnglishEnglish
オリエントコンピュータ
HOME 製品情報 コピーサービス 会社情報 サポート お問い合せ ショッピング 商品カタログ
デュプリケーターとは
データ消去サービス
PRODUCTS

『ePEE』は、ネットワーク接続されたパソコンのHDD/SSDデータを完全消去し、消去ログを一元管理できる、データ消去&ログ管理システムです。企業内の多数のパソコンのリースアップ時、廃棄時の情報漏洩防止対策として有効なシステムです。
COMPEE総合データ完全消去ソリューション
ePEE
カタログはこちら
専門知識を持つものが、一台一台手作業で消去することなく、利用者側で簡単に消去が可能。管理側の作業負担が大幅に低減できます。
 
 
 
 
消去ログは、自動で保存され専用の管理ウェブ画面で完了、未完了が一覧できますので、作業漏れが無いかもチェックできます。
 
 
ネットワーク接続外のパソコンもオフライン用消去ソフトで消去後、ログが生成され、USBメモリで統合保存できます。
 
 
 
管理者側で、消去予定日を事前設定し、自動で消去が可能。リースアップや廃棄のタイミングにあわせて作業完了が実現します。
 
プロキシサーバ経由でもリモート消去、消去ログ自動保存が可能。世界中のパソコンを自社ネットワークパソコンを一元管理できます。
 
 
ソフト消去だけでなく、磁気消去や物理破壊といったハード機器による消去ログもデータ転送し一元管理できます。
 
 
 
 
デモ版ダウンロードは、コチラから。
 
お問い合わせ、デモ案内
■ePEE7動作環境について
対応OS:Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 (32/64bit)
対応PC:メーカーサポートを受けられるパソコンDOS/V機(PC/AT互換機)
メモリ: 1GB以上
その他:USBポート(ログ取得用)
ePEEは消去パソコンがHDD消去開始時にインターネット(オンプレミス版は指定サーバとネットワーク)に接続している環境が必須です。
 

アクロバットリーダーのダウンロード
コピーサービス